瀬戸本業窯

江戸後期創業。「せともの」として知られる愛知県瀬戸市では元来からつくられてきた陶器を〝本業″と呼ぶ。代々「水野半次郎」の名を受け継ぎ、現在で7代目。地元の土を使い、自ら作る釉薬、紋様などは多岐にわたり、用と美を兼ね備えたうつわを作り続けている。1961年六代半次郎が柳宗悦の提唱した「民藝」に感銘し、バーナード・リーチ、濱田庄司らの指導により瀬戸本業の仕事に新たな認識と確信を得る。 それ以降「暮らしとともにある手仕事」を大切にしながら作陶に励んでいる。

Story
Story
Items
Items
follow_us
Follow us !
Company
Company
お問い合わせ
一覧へ戻る
ページトップへ